薬剤師は日本中に浪漫を届けたい

現役薬剤師が、薬剤師の転職、仕事、バイトを語るブログ。他スポーツやゲームなど趣味も書きます。

薬剤師が転職で失敗する理由8選を説明!

f:id:kikuo1005:20180513173959j:plain

今回は、薬剤師の転職で失敗してしまう理由について、現役薬剤師の私が熱く語ります!

実際に私の知人で、転職に失敗した薬剤師の体験談や、薬剤師が転職で失敗しないためにするべきことについてもまとめているため、転職を考えている薬剤師は是非参考にして下さい!

以下、目次となります。 

目次

 

薬剤師が転職で失敗する理由8選!

f:id:kikuo1005:20180513174014j:plain

薬剤師が転職で失敗してしまう原因は様々な挙げられます。その中でも代表的な事項や、特に注意してもらいたいことについて、以下に記載していきます!

1.直ぐに決断してしまう

私の知人に、1人で転職エージェントに向かうのが、不安だったので、職場環境に悩んでいた大学時代の同級生数名を誘い、相談を行った後、同日に転職を即決して、失敗をした薬剤師がいます。

相談をした薬剤師は全員、今すぐにでも、転職がしたい方ばかりでした。

しかし、求人票だけでなく、実際に福利厚生や、職場の雰囲気を体感していないので、直ぐに転職を決断してしまう事は、余程の事がない限りは、避けた方が良いです。

実際にコンサルタントに会って、会話するタイプのエージェントであったので、転職先の概要は、口頭で知る事が出来ましたが、直ぐに決めてしまうと、他の求人と比較も出来ません。

職場環境が辛く、薬剤師を辞めたいと思う気持ちが強い方もいますが、容易な転職を行わずに、自分でも調べる姿勢を常に持つことが、重要です。

2.どこでもやっていけると過信している

病院薬剤師から薬局薬剤師に転職したり、病院薬剤師からドラッグストアの薬剤師に転職する際に良く起こる、過信による失敗になります。

特に急性期の病院に勤めていた薬剤師は、多くの臨床知識と、処方箋を目にして勉強をしています。若い内は、経営にもあまり関与する事がありませんが、その臨床だけのスキルを持って他の職種に転職をすると、周りのスタッフと関係性を築けなかったり、調剤報酬の知識もないのに、偉そうな態度になり、自分の居場所をなくしてしまう事が多いです。

中には、しっかりと1から学ぶ姿勢の薬剤師もいますが、年齢と共に過信な態度が増えていきますので、病院薬剤師だけでなく、全ての薬剤師も注意した方がよいでしょう。

例えば、大手調剤薬局に長い間勤めていたベテラン薬剤師も、個人薬局や小規模の薬局に転職すると、業務自体は回すことが出来るかもしれませんが、横柄な態度を取り、職場で孤立すると、異動がほとんど無いために、ストレスが溜まってしまうパターンもあります。

転職前が上手くいっていたから、転職してからも絶対に上手くいくとは限りません。

過信は自らの成長を妨げてしまう原因の1つなので、謙虚な姿勢で転職に挑むべきだと言えます。 

3.経営者の熱い言葉を鵜呑みにする

私の体験談になりますが、病院から薬局に転職を考えていた時期で、薬剤師ではない経営者との話になります。

小規模な薬局を短期間で、展開している会社であり、元々興味があった薬局でした。

経営者と話す機会もあり、今後の事業の展開や、薬局だけの事業に留まらない多角的な経営を行っている会社で、常に人手を募集していました。

その中でも、1番惹かれた部分は、経営者の熱い気持ちと、今後のビジョンでした。

また、1年以内に3店舗を開業する事、年収アップも約束をしてくれた事、病院薬剤師でも、実力があれば幹部候補になれるなども魅力的でした。

内容だけ聞くと、非常に条件が良い様に聞こえ、その場で転職を決意してしまいそうになりましたが、1度家に持ち帰り、会社の事をリサーチして、再び自分の疑問に思ったことや、質問を考えて、再び話を聞きました。

経営者の考え方には、賛成出来る事が多くありましたが、自分がやりたい事と少しズレが生じると判断して、もう1度家に持ち帰り、悩みました。

鵜呑みにしていたら、1回目や2回目の接触で、確実に転職を決意していましたが、良い事ばかり言う経営者の癖を見抜くことも必要です!

私は最終的に、年収とプライベートに少し違和感を覚えて、別の薬局に転職する決意をしました。  

4.質の良いコンサルタントに出会えていない

薬剤師向けの転職エージェントを1つに絞って活用していると、質の悪いコンサルタントのまま、求人紹介や転職の準備が進んでしまいます。

質の悪いコンサルタントの代表的な特徴として、自分の意図しない求人を紹介したり、こちらの質問にも曖昧な回答をして、ごまかそうとするコンサルタントが挙げられます。

転職エージェントによっても、コンサルタントの質がバラバラであり、正社員に強いコンサルタントやアルバイトやパートに強いコンサルタントなど特徴があります。

以下のエントリーに、実際に私が利用したおすすめの薬剤師向けの転職サイトの比較を記載していますので、興味がある方是非参考にしてみて下さい!

質の良いコンサルタントとの距離感を少し近くして、良い求人が入ったら連絡をしてもらえるような関係性になれば最高です。

転職を直ぐにでもしたいと感じている時こそ、コンサルタントの質を見極めて、冷静で客観的に求人を評価出来る様になると良いでしょう!

5.転職エージェントのみを頼っている

薬剤師がスムーズに転職するために、転職エージェントは是非活用すべき存在ですが、それだけで全てを判断する事は、少々危険です。

私が思う転職の成功は、個々の働き方に合っていて、ワークライフバランスや自分の欲求が満たせる職場であるかどうかが重要だと考えています。

そのため、転職エージェントを活用して、次の就職先を考えるという頭になっている方は、1度クリアな頭に戻した方がいいかもしれません。

薬剤師でも転職は、何度もするべきではないと思いますし、イキイキと働く為に、エージェントだけに頼らずに、あなた自身の努力を惜しんではいけません。

気になる企業には自分からアポイントを入れて、話し、評価し、何度も考えて決定した方が、待遇にも納得でき、なにより間違いなく長続きします。

転職エージェントは、自分で考えたけれど、転職に関して分からない事があった時のためのアドバイザー的なポジションとして活用すると良いでしょう。

初めての転職で不安がある方は、転職経験者の薬剤師から話を聞いてみたり、どうしたら理想の職場に出会えるかを自分から探しに行きましょう! 

転職で失敗しないためには、自分自身の体験や経験を一番信用するように心がけて下さい! 

6.転職する理由がはっきりしない

薬剤師の職場で人間関係が上手くいかない場合が、転職を考えるタイミングだと私は思っています。同僚の顔の見るだけで変な汗や動悸がして、体調が悪くなってしまう薬剤師もいるのではないでしょうか。

しかし、単純に職場内の人間関係が悪いだけで、人事異動などで解決できる場合は、焦って転職すると失敗の元になる場合もあります。

なぜなら、次の転職先でも同じ様な事が起こった時に、どう解決するのかが定まっていないからです。

今の職場が辛いと感じる理由は、「忙しいからなのか」、「人間関係が上手くいっていないからなのか」、「いつも怒られてばかりだから嫌なのか」と、自己分析を行って、明確な転職理由を整理した方が、結果的に自分にマッチした職場探しが出来ます。

失敗や嫌だと思う感情を受け入れる為にも、転職理由をはっきりと明確にした方がよいでしょう!  

7.知人の職場に転職する

交友関係が広かったり、年齢が若い内は、薬学部時代の友人から、「一緒に薬局を立ち上げよう」と誘いがあったり、「ウチの薬局は風通しが抜群だから1回見学に来て」と、知人の職場を案内される事があります。

しかし、一緒に独立をして資金を折半する形にしても、代表があなたではない場合は、現場仕事や、雑務を次々になすりけられてしまうことがあります。

また、独立開業前は、仲が良かった関係でも、利益が上がるにつれて、関係性が崩れたり、敵対視してしまう事も良く聞きます。

このように、様々なトラブルがあるため、自らが主体的に行動しないと、「思っていた働き方と違う」と感じてしまい、転職に失敗してしまいます。 

知人からの紹介は、絶対に駄目とは言いませんが、よく注意して下さい!

8.転職先の見学を行っていない

薬剤師が転職するにあたっては、転職先の見学は必ず行いましょう。

複数店舗を展開している薬局では、通える範囲内の勤務先で、1番忙しい店舗を見学したり、人間関係を見たい場合には、営業時間内を見学させてもらう様に、希望を伝える事が重要です。

直接目星を付けている企業に伝えても良いですし、コンサルタントに相談してみても問題ありません。

私の経験上、見学をさせて下さいと伝えて、断られた事は1度もありません。仮に断られた場合は、しっかりと理由を聞いたり、何か見せたくない店舗なのかを疑う事をおすすめします。

また、転職エージェントの求人票には、1日当りの処方箋枚数や、在籍薬剤師数が記載してあります。しかし、求人票に記載してある内容は、過去の事で、更新していない場合もあるため、やはり、直接見学をして内容と合わせる必要があるでしょう。

現場に行かなければ、見えてこない事実もあります。見学は手間ですが必ず行ってください。

薬剤師で転職に失敗した人の体験談

f:id:kikuo1005:20180513174029j:plain

では、実際に転職に失敗した薬剤師は、どのような方なのでしょうか。

本項では体験談を交えて、転職したけれど新しい職場に上手く馴染めなかった薬剤師について詳細に説明していきます!

1.初めて薬局に転職した40代後半の病院薬剤師

1度も転職をした事がない病院薬剤師の話になります。役職は平社員ではありませんが、出世ルートから外れてしまい、病院の経営により、大きな給料アップは見込めなくなり転職に至りました。

私の病院時代の上司でもあったのですが、仕事をサボる能力に長けていて、ややコミュニケーションに難がある人でした。

調剤薬局の経験はなく、知人が代表を務める薬局へ転職が決まりました。その際、転職エージェントを利用したのではなくて、病院のOBの紹介からでした。

余程の人手不足だったのか、研修期間が1ヶ月を終えると直ぐに、管理薬剤師として勤務して1人薬剤師として仕事を行っていました。

しかし、彼は自分が薬局内でのトップに君臨したと、勘違いしてしまい、医療事務に対して命令を繰り返し、調剤や投薬などはもちろん、仕事用の携帯電話も渡してしまいます。

薬剤師に命令はするなと言わんばかりの横暴な態度が続いたため、医療事務も次々と異動や退職を申し出て、結局は仕事が回らなくなり、彼は半年も経たないで自主退職をしました。

人手がいない調剤薬局でも、働く事が出来なかった病院薬剤師の転職失敗談になります。 

会社は「薬剤師国家資格」が欲しい訳ではありません。常識的でコミュニケーション能力がある「薬剤師」を必要としています。

2.病院を転々とする30代の病院薬剤師

私の勤めていた病院に中途で入った同年代の薬剤師の話になります。

前職は、有名で実績ある病院で、やりがいは十分な環境でしたが、人間関係が悪化して職場に居づらくなってしまい、転職したとのことでした。

彼は声が小さくて、ハッキリと物を言えない性格であり、リアクションが遅く、前の職場でも中々環境に馴染めなかったことが容易に想像出来ました。

私の病院は、比較的に人間関係が良い職場であったので、少しずつ馴染む事が出来ていましたが、プライドが高いため、悪気なく相手をイラつかせる行動も多く、次第に周りの同僚もあまり彼に関わらなくなりました。

上司も困り、チームワークを考慮して異動を命じますが、結果的に彼は、新しい病院を求めて転職をしました。

コミュニケーションに難がある方は、どの職場でも中々上手くいかないと思った体験談になります。 

3.キャリアが1からのスタートになった3年目の薬局薬剤師

大手調剤薬局から、中規模の調剤薬局に転職した若手薬剤師の話になります。

大手では、きちんと教育体制が整っていましたが、過度な応援体制や長時間残業にうんざりし、管理薬剤師とも相性が合わず、異動を命じられた事がきっかけとなり、転職するに至りました。

実家から近く、地元に根ざしている調剤薬局に転職をし、給料も50万円近く上げる事が出来、人間関係のわずらわしさからも解放されるはずでした。

しかし、3年間だけのキャリアを積んだだけでは、他の調剤薬局では、あまり使い物にならないケースが多いです。

大手の様に機械化が進んでいない企業もありますし、未だに手書きの薬歴を書く薬局もあります。

せっかく大手で積んできたキャリアが崩されて、1からのスタートとなり、新人同様に扱われ、そこからは地道に成果を上げて、結果を出さなければいけません。

結局彼は、その企業に3年勤めた後に、小規模薬局に再度転職をしています。スピードに任せて転職したり、大手を経験したと過信があった若手薬剤師の失敗談になります。 

薬剤師が転職で失敗しないためにするべきこと

f:id:kikuo1005:20180513174041j:plain

では、実際に薬剤師が転職するにあたり、失敗しないためにすべきことは何でしょうか。本項では、転職を経験した現役薬剤師の私が、注意すべき点について詳細に記載していきます。

1.正確な情報を集める

常にアンテナを張り、エージェントだけで判断をせず、自分の足で稼いで現場の声を聞くなど、転職に労力をかけて、正しい情報を得て下さい。

転職先の内情を少しでも知りたいと好奇心を持って、前の職場よりも良い点を出来るだけ多く発見しましょう。良い点ばかりではなく、欠点も見つけたら紙に書き出してみるなど、アウトプットすることで、客観的に転職先の事を見つめる事が出来ます。

薬局やドラッグストアでは、実際に客として利用してみて、対応や雰囲気を掴んでおくことも、時間があれば是非試してみましょう!

ずっと働くかもしれない職場探しは、簡単ではありません。時間をかけた分だけ、成功する転職が出来ると思います。 

2.優先する条件を確認する

転職先を決定する際には、自分の中で絶対に譲れない、一つの軸を決めて転職に挑んで下さい。こちらも紙に書き出してみて、客観的に自分を見つめ直す必要があります。

「お金が欲しいのか」、「時間が欲しいのか」、「家族を優先したいのか」など、先ずは、思いつく内容を全て書き出したら、優先順位を振って順位付けしましょう。

1番優先したいキーワードに対して、具体的にどうなりたいかを書いて、常に振り返る様にすると、転職期間が長引いても、ブレないで、企業を選択することが出来ます。

私の場合は、お金が1番優先したい内容であり、具体的に、前の職場よりも100万円以上年収がアップが最低条件でした。また、自分の頑張り次第で、歩合が増える様な職場も探していました。

転職の際は、直接代表と交渉する事が出来たので、スタートラインから前職の給料の2倍以上を得て、転職をする事が出来ました。

自分の優先したい内容を確認し、気持ちを客観視することで、転職は成功が近づきます! 

3.現場体験をする

午前中や午後が始まるタイミングを狙って、勤務先の見学する事をおすすめします。

調剤薬局で言えば、基本的に忙しい時間帯になりますので、企業からすると避けてほしい時間帯かもしれません。しかし実際に私達が見たいのは、忙しい時間帯の繁忙さであったり、その時の薬剤師の対応や、雰囲気です。

経営者が薬剤師の場合では、業務がある時間帯なので、断られる可能性もあります。しかし、例え断られたとしても、「経営者が働いているくらい忙しいのか」、「人手が足りていないのか」など想像したり、考えたりする事が可能です。

自分の中の優先順位で、「時間」を軸に置いている方がいれば、忙しい時間帯を見て、体験すると、自分がそこで働くイメージが出来やすいので、職場見学は是非しておいた方が良いでしょう。

実際に、私は5つの企業を見学して、初めての転職を行いました。  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

薬剤師の中には、何度も転職を行う人は少なからずいます。

しかし、「失敗したから、また次の職場に行けばいい」と安易に転職を繰り返すのは、疲れますし、何よりナンセンスだと言えます。

多くの求人があるからこそ、自分で次の職場を見つけ出す気持ちを忘れず、転職の失敗を糧に、是非、あなたにあった職場を探してみて下さい!

この記事を読んだ薬剤師の転職が、少しでも成功に近づくことが出来れば幸いです!

それでは、また。