薬剤師は日本中に浪漫を届けたい

現役薬剤師が、薬剤師の転職、仕事、バイトを語るブログ。他スポーツやゲームなど趣味も書きます。

薬剤師の30歳の年収!現役薬剤師がリアルな事情を語る!

SPONSORED LINK

f:id:kikuo1005:20200610175859p:plain

今回は薬剤師の30歳の年収について、職場ごとに実態を詳しく説明していきます。

また、現役アラサー薬剤師である私の年収も詳細に説明するため、ぜひ合わせて参考にしていただければ幸いです。

以下、目次となります。 

目次

 

薬剤師の30歳の平均年収は?概要を解説!

薬剤師全体の平均年収は約550万円であり、この年収の平均年齢値は35歳前後であることから、30歳の平均年収は約500万円前後だと推察されます。

年収500万円という数値については、女性薬剤師が30歳になると、結婚や妊娠を期に、正社員からパートへと雇用形態の変更や、育児休暇を取得して、年収が下がってしまうポイントも考慮しました。

また、30歳の男性薬剤師を見てみると、昇給が頭打ちになり転職を考える、1つの節目の年齢だといえます。

30歳の薬剤師は独立をスタートさせる薬剤師もいたり、働き方や役職によって年収にも差が出来やすいです。

 

薬剤師の30歳の年収!職場ごとに詳しく解説!

f:id:kikuo1005:20200610175912p:plain

本項では、薬剤師の30歳の年収について、職場ごとに詳しく解説していきます。

また、薬剤師の全体的な年収については、下記の記事にまとめているため、そちらも併せて参考にしてください。

①:調剤薬局

年収450万円~700万円がレンジになり、会社によっては年収に100万円以上の差が出るのが調剤薬局になります。

例えば、大手調剤薬局では30歳薬剤師が中途入社しても高年収で働く事が出来ません。そして、生え抜きの男性薬剤師であっても年収が500万円~600万円になる事が大半です。

私の友人にも大手調剤薬局の指定エリアコースで働いている方がいますが、各種手当て込みで年収530万円ほどでした。

しかし、小規模運営をしている調剤薬局で早くからエリアマネージャー、係長、部長などに昇格をしている薬剤師であれば、年収700万円やそれ以上も可能です。

さらに、調剤薬局は高年収を得られる薬剤師の契約社員の求人も豊富です!

 

②:病院薬剤師

30歳の病院薬剤師は、他の職種に比べても年収が低いのが特徴で、350万円~500万円が相場です。

ボーナスの減少や残業時間がない病院、1人暮らしで家賃手当が3割程度しか支給されないなど、福利厚生が手薄な点もデメリットとなります。

また、30歳で年収600万円以上の病院薬剤師は非常にレアケースで、年収700万円以上は殆どおらず、役職を部長クラスに上げないと厳しいです。

病院では急性期病院、慢性期病院、大学病院や赤十字病院、小規模病院など細かく分かれます。

しかし、どの病院も医師や看護師など薬剤師以外の人件費がある事から、薬剤師の年収は上がりにくいと言われています。

専門薬剤師や認定薬剤師のような突出した資格を持っていても、年収が上がりにくい点も特徴です。

 

③:ドラッグストア

勤める企業や全国勤務コースやエリア限定コースの働き方にもよりますが、ドラッグストアで働く30歳薬剤師は、年収500万円~700万円が相場になります。

24歳新卒で年収500万円以上になるドラッグストアの業界は、調剤薬局や病院薬剤師と比べても高年収です。

昇給が少ないという声もありますが、それは年収700万円以上になってから発生をする問題であり、新卒から昇給をしていくと、30歳前後で年収600万円に到達するケースが多いです。

さらに、男性だけでなく、ママ薬剤師でも働き方によっては年収500万円オーバーも目指せます。

ドラッグストアは現在では数多くの薬剤師が就職先にしていて、学生からも人気の職種となっています。

 

④:医薬品卸企業

30歳の医薬品卸企業の薬剤師は年収500万円~600万円が基準になります。

勤めるエリアや部署により、残業時間が異なる場合があるので、同じ30歳でも年収に差異がある点が特徴です。

近年では残業時間を減らす方向で会社が動いているので、残業手当はそこまで期待が出来ないため、注意しましょう。

新卒は年収400万円前半で、他の職種に比べるとやや少ないですが、上場企業が多く、昇給が安定しているので、薬学部卒業後に地道に勤務すると30歳で年収500万円以上になる事が可能です。

また、30歳になるまでに上司に気に入られたり、実績を出して出世コースの軌道に乗れば、係長で年収600万円も十分に達成可能です。

 

⑤:製薬企業

製薬企業は600万円~800万円が年収のレンジになっています。

製薬企業の中には、固定残業制度を実施している会社もあるので、残業手当が毎月10万円分入っていたり、営業手当など基本給の他に複数の手当付く事で、平均年収が上がります。

具体的にはMRとしての営業手当は月に5万円程度支給されて、基本給は30歳になるまでには成績に関わらず毎年数万円アップしていきます。

また、ボーナスは6ヶ月分以上になる場合もあり、賞与のウエイトが大きい点も特徴です。

そして、個人の成績やエリアの頑張りでボーナスが1.5倍になったりと、実績も反映されやすいため、同じ30歳薬剤師であっても、年収に差が出やすい職種と言えます。

製薬企業に勤める薬剤師は、昇進が年収アップに大きく関与して、30代半ばで年収800万円になる社員もいます。

 

⑥:公務員薬剤師

平成29年地方公務員給与実態調査」によると30歳の平均年収は約480万円になります。

公務員薬剤師には国家公務員、地方公務員、麻薬取締官の3つの職種があり、それぞれ年収が異なりますが、30歳では平均年収が450万円~500万円が目安となります。

そして、ボーナスの金額は年間で約4ヵ月分出たり、福利厚生が充実をしていたりと安定している職種です。

基本的には30歳まで一律で昇給をするので、実績や頑張りに応じて年収に大きな差が付かない点も特徴と言えるでしょう。

しかし、残業が多い部署に配属になったり、国立病院でも夜勤が多いと、残業手当や夜勤手当によって年収がアップする職場もあります。

30歳時点では調剤薬局やドラッグストア、製薬企業と比べると年収が低い傾向にあるのが公務員薬剤師です。

 

⑦:大学職員

30歳の薬剤師の大学職員は、年収400万円前後が平均です。30歳という若い年齢では国立・私立大学ともに役職が低い「助手」か、1つ上の「助教授」の可能性が高いです。

そのため、年収も思い描いた金額にならないケースが多く、文科省が発表をしている「学校教員統計調査平成28年度」によると、助手と助教授は約400万円~450万円が相場になります。

また、国立と私立では給料体系が異なり、勤める大学によっても、年収差があります。

国立大学の教員は人事院が定める俸給表に沿って年収が決まりますし、私立大学では各大学で給料形態が異なります。

教授クラスになると年収1000万円以上貰える可能性がありますが、30歳薬剤師では他の職種と比べてもやや低い年収と言えるでしょう。

 

⑧:予備校講師

年収500万円~600万円が相場で、手当によってはそれ以上の年収を目指せるのが予備校講師です。

私の知人に薬ゼミの現役講師がいますが、30歳で手取り月収30万円以上、ボーナスも含め、年収にすると550万円で勤務をしていました。

勤める予備校にもよりますが、予備校講師は手当の種類が豊富で、交通費だけでなく休日出勤手当や赴任手当、出張手当から外部講義による手当など、基本給以外の手当が大きい特徴が挙げられます。

固定残業制を導入している予備校もありますが、30歳薬剤師が勤める業界の中では、平均以上の年収を狙える職種です。

 

薬剤師の30歳の年収!現役アラサー薬剤師がリアルな事情を暴露!

f:id:kikuo1005:20200610175931p:plain

本項では、様々な経験談を交えつつ、30歳薬剤師のリアルな年収について説明していきます!

①:30歳で調剤薬局へ転職【年収700万円】

病院から調剤薬局に転職をした年齢が丁度30歳でした。

転職先の年収は約700万円であり、この年収は、転職活動の際に直接調剤薬局の社長に直談判をして、勝ち取った年収になります。

実際に薬局側が提示した年収は650万円だったのですが、相手の心理を確認し、事前準備を入念にして年収700万円を提示しました。

やや強気の転職でしたが、希望通りの年収で合意をして、30歳の段階で年収700万円を確定させる事が出来ました。

 

②:30歳で病院薬剤師のままだと年収500万円

病院薬剤師として24歳から約5年間勤めてきたキクオですが、転職をしないでそのまま30歳まで病院で勤めていると仮定すると年収は約500万円になります。

29歳の時には役職は何も付いていない状態で、残業が毎月20時間はありました。

年収500万円は残業込みの額面になり、残業をしなければ実質の年収は450万円程度になります。

私が働いていた病院の年収が低いのは、30歳で役職手当が付かない年齢だった事も大きいです。

 

③:代表取締役になった友人は年収1000万オーバー

私の友人で、いわゆる逆玉の輿に乗った30歳男性薬剤師の話です。

彼が結婚をした相手は小規模展開をする調剤薬局の娘さんでした。薬剤師同士の結婚で、婚約のタイミングで約3年間勤めた調剤薬局を辞めて、婚約者の会社で働く事となりました。

地元で2店舗の内科門前薬局、そして3店舗目は小児科の門前薬局を開くタイミングで年収1000万円オーバーの金額を手にしたと言っています。

彼のように既存売上が達成出来ている調剤薬局の取締役になる薬剤師もいますし、30歳で独立開業をして、平均年収を上げている薬剤師も存在しています。

 

④:女性MRの知人は年収650万円

薬局でお世話になっている女性のMRさんは30歳の時点で年収が650万円相当でした。

役職はヒラですが、固定残業代と営業手当が付いており、30歳薬剤師の平均年収よりはかなり貰っている金額と言えます。

しかし、土日も勉強会の準備や接待を行う場合もあるので、時間給で考えるとコスパはそこまで良くない印象です。

また彼女は、成績に応じてボーナスも反映される点もやりがいがあると語っていました。

上位になると本社で表彰式が行われて年収700万円以上も30歳で目指せる働き方になっています。

 

30歳薬剤師が年収を上げるために利用すべき転職サイト!

①:ファルマスタッフ

ファルマスタッフは顔を合わせた面談を心がけており、転職先に直接足を運ぶ事を大切にしている、薬剤師向けの転職エージェントです。

コンサルタントの質が抜群で、利用者の質問に対して、誠実な対応をしてくれた点は好印象でした。その他、雇用形態は正社員、パート、契約社員、派遣薬剤師まで様々な働き方を検討出来る点も特徴です。

ファルマスタッフは年収だけでなく、キャリア重視の求人提案もしてくれて、薬剤師が今後必要なスキルである在宅医療や、かかりつけ薬剤師の重要性もしっかりと理解していた紹介会社でした。

以下の記事にファルマスタッフの詳細について詳しくまとめているため、興味がある方はぜひ参考にしてください。

 

②:ファーマキャリア

オーダーメイド求人が強みの、薬剤師特化型の転職エージェントになります。

また、ファーマキャリアは年収アップに加えて、自宅から最も近い求人を複数紹介してくれました。(私自身も年収700万円で、自宅から車で15分以内の求人を紹介して頂きました。)

その他にも、ファーマキャリアの対応はヒアリングから求人紹介までのスピードが早かったので、現在退職をして、次の職場が決まっていなくても、スグに好条件の職場をみつけやすいです。

以下の記事にファーマキャリアの詳細についてまとめているため、気になる方は、ぜひ一読ください!

 

③:薬キャリ

全国から選りすぐりの職場と自由な働き方を検討出来る、認知度の高い人気の薬剤師転職エージェントです。

利用者は電話1本で、時間をかけずに高年収の求人を発見する事が出来ますし、求人数も他のエージェントと比較して多いので、好条件の求人に巡り合える可能性が高いです。

働く場所を度外視して、より年収アップを狙った転職を考えている薬剤師にはおすすめですし、30歳の体力がある内は、契約社員で年収800万円を狙えます。

薬キャリの詳細については、以下の記事にまとめているため、合わせて参考にしていただければ幸いです。

薬キャリを通じて場所を選ばないラウンダーとしての求人を希望をすると、高確率で年収を上げる事が出来るでしょう。 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

30歳薬剤師の平均年収は約500万円になり、職種によって年収の幅が異なる事がわかりました。

また、固定残業代や各種手当の手厚さの違いも、30歳の薬剤師の年収に差が出るポイントだと記事を書いて再確認する事が出来ました。

30歳はバリバリと働く事が方がいる一方で、女性の割合が多い薬剤師業界では、結婚や妊娠などのターニングポイントでもあります。

個人的には、薬剤師は業界の伸びしろを見極める事や、30歳になるまでの転職経験、専門性のスキル獲得も年収アップのコツになると感じます。

少しでもこの記事を見て、30歳薬剤師の年収を理解して頂けたら嬉しく思います!

それでは、また!

 

他、薬剤師の仕事関連のエントリーはこちら!